メディカル

腹式呼吸と便秘解消

普段、何気なく行っている「呼吸」。
意識したことはありますか?
呼吸には2つあり、肺に空気が入ると肩が上がるのが「胸式」、お腹が膨らむのが「腹式」です。
仰向けに寝ているとき、お腹が自然とふ~っと膨らみますよね?それが腹式呼吸です。

実はこの腹式呼吸が便秘解消の大きなポイントになるんです。
肺の下にある横隔膜が下がることにより、肺の息が入るスペースが広がりゆったりと豊かな呼吸をすることができる腹式呼吸は、自律神経をコントロールして、体や頭をゆったりと落ち着いたリラックス状態にすることができます。
いつも体が緊張していたり、悩み事が多い人などは自律神経が乱れがちで、そんなときは呼吸も浅くなりがちです。

毎日そんな状態が続くことによって、腸の動きが悪くなります。
慢性的な便秘解消のためには腹式呼吸を日頃から心掛けることが重要です。
しかし、寝ているときは自然にできる腹式呼吸ですが、起き上がると難しいんですよね。

これは日頃胸式呼吸で過ごしていることが多いからです。
まずはお腹に手を当てて呼吸を感じる所からスタートします。
鼻から息を吸うようにすればお腹に息が溜まりやすいです。吸う時間よりも吐く時間を長くします。
すると、自然と次に吸うときにたくさん息が入ってきます。

ちなみに、お腹に息が溜まるといっても、実際は肺に入っています。
ヨガやピラティスでも腹式呼吸の時間はたっぷり取られているように、体をリラックスさせるには意識的に腹式呼吸をする時間を増やすことです。
夜寝る前にやると脳もリラックス状態になりますので、眠りに入りやすくなります。
また朝起きたときにすると体の隅々まで血液中の酸素を送ることができるので、体が温まるのも早くなります。

まずは布団の上ではじめてみて、思い出したときに腹式呼吸を行ってみましょう。
すると、日ごろの呼吸は肺呼吸よりもゆったりとできるようになります。
腸に心地よい刺激を与えることになるため、溜まったうんちを流す蠕動運動も活発になります。

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善