メディカル

便秘解消とメディカルアロマテラピー

アロマテラピーはお好きですか?
花やハーブなどの揮発性の油で、蒸留によって取り出されたアロマオイル。
アロマポットやデュフューザーなど色々な香りのたしなみ方があります。

でも実は、アロマテラピーは二種類あることをご存じでしょうか?
香りをかぐとホッとしたり精神的にくつろぐだけでなく、代替医療としてのメディカルアロマテラピーとしての使い方もあるんです。
精油の香りをかぐことにより、病気とまで診断はされませんが不調な体や心のケアに使われます
実はメディカルアロマテラピーは便秘解消ともつながりがあります。

便秘解消に効果があると言われている精油は次の通りです。
・ペパーミント
シャキッとしたミントの香りは気分をすっきりとさせます。眠気を覚ましたり、アイデアをひらめきやすくさせる以外に、乗り物酔いや吐き気をもよおす二日酔い、花粉症、鼻づまりにも良いのですが便秘解消にもOKです。

・オレンジスイート
オレンジの果実そのままの香りで気分が明るくなります。
便秘だけでなく下痢のときや食欲が無いときにも有効です。老廃物を排出することによる肌を整える効果も期待できます。

・マジョラムスイート
ほのかにスパイシーらしさがある香り。呼吸が乱れたり、食欲不振のときにおすすめ。
冷えやすい体質やむくみ、月経痛、便秘の解消に。めぐりを良くさせることでクマ解消にもつながります。

・ローズマリーシネオール
清涼感がある香りは気分がリフレッシュし、集中力アップにも。
呼吸系が乱れているときや冷え性にも有効で、顔の肌トラブル、髪の毛の抜け毛などにもおすすめです。

意外とポピュラーなアロマなので、家に眠っているというかたもいらっしゃるかもしれません。
どんどん活用しましょう。

便秘解消に効果が欲しいのであればアロマ入浴が良いですね。
ゆったりと浸かって疲れを取りながら体を温めましょう。
お風呂に浸かれないときは、アロマポットやアロマライト、デュフューザーなどを使って寝室で使いましょう。
眠るころに良い香りがすると嬉しいですし、便秘解消におすすめの精油だとなお良いですね。

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善