メディカル

温湿布と便秘解消

排泄できないことは、他の人には理解されないことですし、本当につらいことです。
自然な形で便意が来ると一番良いのでその方法を調べてみました。
便秘解消のためにやると良いことの中に「温湿布」が入っていました。
やはり体を温めることは便秘解消には大事なことです。
ミント温湿布が有効だと言われています。
ハッカ油を数的垂らしたお湯にタオルを浸してしぼります。

これを腸に当ててしばらくゆっくりしましょう。
ミント系は香りだけでなく、肌を通して体の中に入っていきます。
ガスを排出させたり、胃の働きを良くする作用などがありますので便秘にはおすすめのアロマなんです。

ハッカ油、ペパーミントのアロマなどが手頃でおすすめです。
この湿布の方法は医療現場でよく使われている方法だそうです。
外科手術のあと、便が出にくくなったときなどに力まずに便意を促すためにこの方法が編み出されました。
便秘ケアとして、医療界では当たり前の対処方法のようです。

タオルでの温湿布はすぐに冷めてしまいますので、温かいうちにお腹周りを全体的に温めるように置いておくと良いです。
手軽に水が無いとこでもできるように温熱シートもいいですよ。
最近は快眠グッズとしても売られていますが、使い捨てタイプで簡単に使えます。
暖房器具や布団だけでは寒いときなども部分的に温められて重宝します。

ちなみに、冬の季節は寝るときも暖かい「湯たんぽ」がおすすめ。
お腹に大きな動脈があることから、湯たんぽをお腹の上にしばらく置いていると、全身がポカポカして、心地よい眠気がやってきます。
寒くて寝付けない人はぜひ試してほしいです。
湯たんぽは足元に置く大きなタイプではなく、小さな軽いタイプだとお腹の上に置いても圧迫感がありません。
湯たんぽのカバーはもこもこしたぬいぐるみやフリースなど、触ると落ち着く素材のものをチョイスしましょう。

おへその下あたりを触ってみると、ひんやりしていることがありますが、冷たい人は体が相当冷えている証拠。
便秘解消のためには健全な腸環境が必要なので、こまめに温める癖をつけましょう。

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善