メディカル

市販薬と便秘解消

どうしても自然な状態でうんちが出ないとき、便意がやってこないとき、便秘解消の市販薬を飲む方も多いと思います。
ドラッグストアでも驚くほど色んなタイプの市販薬が販売されていて、それほど便秘に悩む方が多いということです。

共通しているのは「便を柔らかくして排便を促す」ことです。
便が長く腸に滞留していると、その間もどんどん腸壁から水分などを吸収されていきますので、長く腸にうんちがあるとどんどん固くなってしまいます。
そのせいで腸の動きが遅くなって便秘になってしまいます。水分を摂りながら、便を柔らかくするように服用します。

そもそも便が硬くなるのを防ぐ市販薬もあります。重質酸化マグネシウム配合で、腸が水分を吸収しないように働きかけます。
さらに、便が腸の中で進まない状況になっているのをレスキューする市販薬があり、大腸の粘液分泌を促進させることで、便をツルンとコーティング。通りを良くしてくれます。
また、食物繊維を配合することで便秘解消効果をアップさせている市販薬も多数あり、日頃の食生活で食物繊維を取れていない方はこのタイプはおすすめです。
植物性の食物繊維ですのでお腹にも優しく、腸内で膨らむので毒素を吸収してから排出されます。

便秘のときに困るのはおならがよく出ることです。しばらく溜まっているのでニオイもかなり強烈で気になりますよね。
溜まったガスを取り除いてくれる成分を配合している市販薬は、おならでお腹が張るときもいいですね。
便秘解消の市販薬を飲むとお腹が痛くなるのを感じる方もいますが、植物由来の生薬を基本の原料としているものは、比較的飲んだあとも排便時も痛みが少ないです。

漢方を基本としている薬だと、即効性というよりかは慢性的に便秘を引き起こす腸を正常に戻している働きがあるのが特徴です。
ゆるやかな効果ですが、便秘によるむくみや肥満の改善にも繋がります。
ちなみに、便秘薬を飲むのがこわい!という方もいらっしゃるでしょう。
一気にお腹を下してしまうのではないかと心配になる方は、小粒タイプで状態に合わせ、飲む量を調整できるのがおすすめ。
このように、便秘薬は様々なものがあります。用途によって使い分けをしましょう。

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善