メディカル

心身の健康と便秘解消

心身にストレスを抱えている人は体の様々なところに不調がでてきます。
便秘もその一つ。
肉体的なもの、精神的なもの、原因は色々ですが腸に負担がいってしまうのです。

過敏性腸症候群という言葉良く聞くと思いますが、まさにストレス社会が生んだ症状と言っても過言ではないでしょう。
便秘と下痢を繰り返すなどの便通異常を引きおこします
では、なぜストレスが腸に関わるのかと言うと、脳と腸が大きく関わっているからです。
第二の脳とまで言われています。

脳で受けた情報や刺激が、自律神経を通じて腸に伝達されます。
具体的には腸の粘膜にある神経細胞に伝わる仕組みがあるのです。
そのため、脳でストレスを受けると腸にもそのまま伝わってしまうということ。
案外デリケートですし、なんだか生命の神秘を感じずにはいられませんね。

また、ストレスを感じると私たちの脳は自律神経の交感神経にそれを伝えて、アドレナリンというホルモンを分泌させます。
すると体が活性化して便を作られるのが遅くなるのです。
体が活性化するのは良いことに思われますが、実は便が作られるのはリラックスしている状態のとき
アドレナリンが出ているときに便は作られないのです!
ということは体の緊張状態が続いていると一向に便が作られません。

そういえば集中しているときはお腹がすくのも感じませんよね?
便が作られていないから、空腹も感じないのでしょう。
あまりにも便が作られない状態が続いていしまうと、他のホルモンの分泌量とバランスが合わなくなり、自律神経も乱れてきます。

つまり、ストレスを感じたら便秘が始まるサイン。
一刻も早くストレスから自分を解放してリラックス状態を作ることが大切です。
仕事を切り上げて帰宅し、ゆっくりお風呂に浸かるなどしてリラックスして、翌日早く出勤するなど、ストレスとの付き合い方をコントロールすることで、便秘解消にもつながります。
そもそも便秘解消されないこともストレスの一つになるので、自分をリラックスさせることを目標にしてくださいね!

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善