メディカル

ヨーグルトと便秘解消

毎日食事を取るということは、毎日排せつ物が腸に溜まるということです。
しかし、「毎日すっきりと排泄できている」という人ばかりではないのが現状です。
特に女性は便秘になりやすいのですが、便秘解消におすすめの食べ物といえばヨーグルト!
改めてヨーグルトの便秘解消パワーを見直して、毎日の習慣にしましょう。

・ヨーグルト=便秘解消のワケ
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は生きています。
製品によって配合している乳酸菌が違い、それによって製品ごとに味の違いが出てきます。

乳酸菌の種類にもよりますが、胃などの酸に負けずに腸まで到達すると便秘解消の大きな働きをします。
乳酸菌によって、腸の中の菌バランスを整えるのです。

悪玉菌が善玉菌よりも優位になると腸のバランスが乱れて、便秘になってしまいます。
便秘になると腸の壁に老廃物が溜まって、栄養を吸収するのにも効率が悪くなってしまい、体にとって排泄できないことは悪循環のはじまりです。
ヨーグルトの乳酸菌によって腸内の細菌バランスが整えられると、こびりついていた宿便もまとまって排泄することができます。
ヨーグルトはいろんなものを試してみるよりも、しばらくは一つの商品で様子を見てみましょう。

・ヨーグルト+アルファの便秘解消
ヨーグルトによる便秘解消効果を高める+アルファの材料として「大麦」と「オリゴ糖」がおすすめ。
大麦は食物繊維が豊富で、腸内でまとまらない排せつ物をまとめてくれる効果があります。
大麦は茹でて少量ずつ冷凍しておけば、レンジで少し解凍するだけで毎日手軽に大麦ヨーグルトが作れます。
満腹感もあるのに、血糖値がすぐに上がらないのでダイエットメニューとしても良いんです。

オリゴ糖は乳酸菌のエサとなり腸内で働きます。
「てんさい糖」として販売されているものや、液体のオリゴ糖として売られているものもあり、大麦ヨーグルトにはもちろん、シリアルにも合います。
煮物などの普段のメニューにも取り入れることができます。
乳酸菌を腸内で働かせるためのエナジーとなるので、バランス良く取り入れることをおすすめします。

ヨーグルトは寒い季節になると食べずらくなりますよね。
40℃くらいに温めるのでしたら乳酸菌が死滅することなく、むしろ活発に動く温度なので、ゆるめに温めるのはいかがでしょうか?
思い思いのヨーグルトメニューで便秘解消を目指しましょう!

MENU
Copyright(C)日常生活を苦しめる症状を改善